角建ブログ SKBlog

お家が出来るまで⑥

こんにちは^^

今回は“お家が出来るまで”シリーズ第6弾!

【(基礎)配筋検査】についてご紹介します。

工程図改

 

まず配筋とは、基礎コンクリートの強度を上げるために組まれている鉄筋の配置のことです。

o

その配置が図面通りに行われているか、設計管理者がチェックすることを【配筋検査】と言います。

以前ご紹介しました【基礎工事】でもありましたように、コンクリートを打ち込む前でないと配筋が隠れてしまい検査が行えません。

 

☆鉄筋の太さ

☆鉄筋の並ぶピッチ

☆鉄筋はどこかでつなげないといけないのでそのつなぎ方

☆コンクリートのかぶり厚さ

など、検査項目は数十項目です。

㈭検査

建物の耐久性や強度に直接影響するため、とても大事な検査のひとつ。

正確にチェックを行い、万が一合格でなければ再検査が行われます。

こういった検査を施工途中に何度も行うことで、安全かつ安心な家づくりを行っています!

さて、次は土台工事についてです。

このシリーズを通して私も勉強させていただいています^^

では次回もお楽しみに♪~

 

***お家が出来るまでシリーズ***

お家が出来るまで⑤ 基礎工事編

お家ができるまで④ 地盤改良工事編

お家ができるまで③ 地盤調査編

お家ができるまで② 地鎮祭編

お家ができるまで①