角建ブログ SKBlog

2018.02.20TOTO勉強会~GG-J2編~

みなさんこんにちは!

 

本日は先日弊社で行われたTOTOの勉強会について

お話したいと思います(^^)/

 

その中でも本日は角建Hシリーズの標準仕様になっている

GG-J2(RESTROOM)をご紹介させて頂きます!

 

IMG_2696

こちらのコンセプトは心地よく、清潔なトイレ空間を。

コンセプト通りの快適で安心な機能と性能を兼ね備えた便器になっています。

 

では機能紹介についてまずはこちら!!

IMG_2697

フチなし便器&トルネード洗浄です。

フチ裏のない便器はTOTO独自のデザインで奥までぐるーっとフチがないので

サッとひとふきでお掃除がラクでいつもキレイを保てます。

ちから強く渦を巻くようなトルネード洗浄は、汚れやすい部分も

しっかり洗浄してくれ、少ない水でも効率よく洗ってくれるので

こちらもお掃除がラクラクで毎日快適なトイレ空間を過ごす事ができます(^^)

 

つづいては使う前のひと工夫「プレミスト」

IMG_2698

こちらは便座に座ると、自動でプレミストをふきつけます。

水と相性のよいセフィオンテクトなのでミストが便器表面に広がり、

汚れをつきにくくし落ちやすくします。

 

セフィオンテクトとは一体どのようなものでしょうか?

「セフィオンテクト」とは汚れが入るすき間もないほど

ツルツルな陶器表面のことを言います。

IMG_2702

ナノレベルの滑らかさで、汚れがつきにくく清潔が長持ちします!

IMG_2682 IMG_2703

両方の陶器に水を吹きかけて・・・

汚れがついたとしてもセフィオンテクトなら

汚れがつきにくく落ちやすいのです!!

 

そして実際に私たちも実験してみました!!

IMG_2681

左側がセフィオンテクト加工がされていて

右側は従来の便器に使用されている陶器になります。

 

傷がつくか鉛筆でこすってみると・・・

IMG_2684

見てください!!従来の便器には鉛筆の傷がつくのに対して

セフィオンテクトは全く傷跡がないのです\(◎o◎)/!!

IMG_2683

さらに4.8ℓという少ない洗浄水量でも

セフィオンテクト便器なら汚れがきれいに落ちます。

洗浄水量 大4.8ℓ/小3.6ℓなので

大幅な節水にもなり環境にやさしいですね(*^_^*)

 

その他にもオート開閉・オート便器洗浄で

流し忘れや無理な動作をなくした機能もついていて

ウォシュレット機能もたくさん付いているのでとても便利です!

 

そしてこのような感じで勉強会が行われました(^^)/

IMG_2685

次回も勉強会が行われた際は

ご紹介したいと思います(*^_^*)☆彡

 

※角建では※

すでに土地を持っているが建築をどこの工務店に任せようか迷っている・・

家を建てたいが、希望に合った土地が見つからない、

家の建て替えを考えているが、どういう手順ですすめればいいかわからない

など、様々な建築の依頼を承っております。

ご相談・ご質問いつでもお問い合わせください。

弊社にお問い合わせのアドレス

↓ ↓ ↓

mailto:kodate@sumiken910.jp

ご連絡お待ちしております

2018.02.15お家ができるまで④

こんにちわ!

今回はお家ができるまでの工程のうち、前回から引き続きまして、

【地盤調査・改良】の【改良】を取り上げていきたいと思います。

工程図小

地盤改良は、お家を建てる際にすべての物件が必ずしもするという工程ではありません。

前回ご紹介した地盤調査により、軟弱な地盤であると判断された場合は

建物を安全に支えるために、地盤改良という工事が必要になります。

地盤改良工事にもいくつか種類があり、ここでは主となる

表層改良工法」・「柱状改良工法」の2種類について少しご紹介したいと思います。

 

地盤改良

 

✳表層改良工法

表層改良工法は、セメントで地面の表面を固める地盤改良工事です。

セメント系固化材の粉末を散布し、施工機械によって土を混ぜ合わせた後、

転圧・締固めを行い地盤の強度を高めます。

主に、地盤の軟弱層が浅い場合に用いられる工法です。

表面①.

↑掘削

表面_凝固剤

↑固化材散布

表面_転圧

↑転圧

 

✳柱状改良工法

柱状改良工法は、円柱状に改良した地盤である改良柱体を地盤内に築造し、

地盤を安定させ建物を支える工法です。

地中に直径50㎝程度の穴をあけ、セメント系固化材と水を混ぜて地盤内に注入し、

土と混ぜ固めて円柱状の固い地盤を築きます。

こちらは、地盤の軟弱層が深く続く場合、表層改良工法が難しい際に用いることができます。

柱状①

↑掘削

柱状_固形剤散布

↑固化材混合

柱状②

↑杭頭部

 

このように、「お家を建てる」工程はお家が建つ土地の地中からはじまっています。

地盤の調査や改良などは、お家が完成すると目に見えない部分ですので、関心が薄くなりがちですが、

地盤沈下による家の傾きや壁のひび割れなどの対策につながるとても大切な工程なのです。

さて、次回は【基礎工事】をご紹介していきます。

 

*角建では*
すでに土地を持っているが建築をどこの工務店に任せようか迷っている・・・
家を建てたいが、希望に合った土地が見つからない、
家の建て替えを考えているが、どういう手順ですすめればいいかわからない
など、様々な建築の依頼を承っております。
ご相談・ご質問いつでもお問い合わせください。
弊社にお問い合わせのアドレス
↓↓↓↓↓
mailto:kodate@sumiken910.jp
ご連絡お待ちしております

 

2018.02.13お家ができるまで③

こんにちは(^^)!

今日は、お家ができるまでの工程の中から2つ目の地盤調査について

お話したいと思います!

工程図改2

表では、調査と改良を一緒にしてますが

改良は分けて紹介させていただきます!

 

ではまず、地盤調査とは 構造物などを立てる際に必要な地盤の

性質の把握などを目的として、地盤を調査することです。地盤調査をすることで、

地盤強度などが判明し、設計を行い構造物が施工できるようになります。

 

地盤調査の調査方法はさまざまですが、一戸建てを建てる際

一番多く使われてる調査方法は

“スウェーデン式サウンディング試験”

この方法が代表的な調査方法となります!

この写真にうつっている機械で調査していきます!

このスウェーデン式サウンディング試験では、地面に金属のスクリューのついた棒を突き刺し

地面の表面から重みをかけ、

重みをかけるたびに棒に沈みはあるか、また どのような沈み方をするかなどして

地盤の状態をみていきます。

写真でも、棒が地面に刺さっているのがわかりますが

この棒を回転させていく中での、音であったり抵抗感で土質を判断していきます。

この試験で改良が必要かどうかもわかってきますので

地盤調査はお家を建てていく中でも、かなり大事な役割だと言えますね!

どんな時に、地盤改良が必要になってくるか、どういう風に改良するのかなどは

お家できるまで④で詳しくお話ししていきたいと思います^^

 

 

※角建では※

すでに土地を持っているが建築をどこの工務店に任せようか迷っている・・

家を建てたいが、希望に合った土地が見つからない、

家の建て替えを考えているが、どういう手順ですすめればいいかわからない

など、様々な建築の依頼を承っております。

ご相談・ご質問いつでもお問い合わせください。

弊社にお問い合わせのアドレス

↓ ↓ ↓

mailto:kodate@sumiken910.jp

ご連絡お待ちしております

2018.02.09★誰にでも簡単に出来る補修作業②★

こんにちは(^_-)-☆

前回、ご家庭でも簡単に出来る補修作業のご紹介をさせて頂きましたが、

皆さん、少しは参考になりましたでしょうか(・・?。。。

今回も簡単な作業をご紹介したいと思います。これからご紹介する症状は、

どうしても起こってしまいますので、頭の片隅にでも置いて

おけば必ずお役に立つことでしょう・・・

例えば(?_?)

S__12853256

こんな具合に壁紙がめくれてしまった時は。。

ご安心下さい、、ご自身の手でお直しが出来るのです!(^^)!

S__12853255

以前もご紹介したホームセンターなどで売っているクロスジョイントコークのボンドで、

めくれた箇所を貼り付けていきます。貼り付けた際は、しっかり指で押さえましょう。

S__12853254

そして、こんな感じのローラーで押さえていくと、

めくれて剥がれてしまっていた壁紙が、

あっという間にキレイにお直しできました。。。

 

いかがでしたか(?_?) とっても簡単な作業を今回もご紹介しましたよ(笑)

是非、次回もどうぞお楽しみに。。。

 

※角建では※

すでに土地を持っているが建築をどこの工務店に

任せようか迷っている・・・

家を建てたいが、希望に合った土地が見つからない、

家の建て替えを考えているが、

どういう手順ですすめればいいかわからない

など、様々な建築の依頼を承っております。

ご相談・ご質問いつでもお問い合わせください。

弊社にお問い合わせのアドレス

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

mailto:kodate@sumiken910.jp

ご連絡お待ちしております

 

 

2018.02.06新築が完成いたしました!⑦~S様邸~

みなさんこんにちは!

日差しは暖かいのですが2月に入ってからも、まだまだ寒い日々が続きますね(TT)

大寒波に負けず、防寒に備えて寒~~い冬を乗り越えていきましょう!

 

そこで本日は皆様にHOTな新築事例をお届けします♪

「新築ご紹介シリーズ」第7弾(勝手にシリーズ化させてます)!

こだわりの住まいを一部ご紹介させて頂きます♪

 

★S様邸★

7099333029355

落ち着いた色合いの中にカジュアルさを兼ね備えた、存在感のある外観です。

 

さて、室内へ入り最初にあっと驚いたものはこちら!

7099333592784

アイランドキッチンです^^

お料理が好きな方は一度、憧れたことがあるのではないでしょうか?

7099333473954

中には「憧れるけどお手入れや汚れが…;;」なんて心配される方もいらっしゃいますよね。

皆様、ぜひ目を凝らしてみて下さい!

ガスコンロの前にガラスパネルを張ることが出来るので

油跳ねや床への汚れなども軽減できます。

7099333421238

解放感たっぷりのLDKで、

よりいっそうお料理も楽しめちゃいそうですね♪

 

トイレにもこだわりのポイントが^^

7099334023180

S様がご選定したレンガ調のクロスがアクセントになっていて、

カフェにあるようなおしゃれなトイレ空間に仕上がっています♪

 

お次は2階へ…なんと1つの大きな洋室に扉が2つ!?

7099334601118

こちらはのちにお部屋を間仕切ったり、

1フロアで利用できるようにと

将来を見据えたアイディアの設計なんですね!

 

扉とクローゼットのデザインは、

LIXILのVINTIAシリーズをお選びいただきました♪

7099334459628

重厚感のあるカラーでよりヴィンテージな空間に仕上がっています♪

VINTIAは今人気の商品で、角建の新仕様プランにも引き続き取り入れております♪

 

いかがでしたか?

S様、この度は撮影のご協力頂きまして誠にありがとうございます。

男女問わず大人気のブルックリンスタイルで、かっこよさが表れているS様邸。

これからもおしゃれな住まいを楽しんで頂きながら

末永く暮らして頂きます様に…

 

他にもS様邸のお写真については、HPの「施工事例写真集」にて

掲載させて頂いております。

みなさまもぜひ将来のマイホームのご参考にしてくださいね♪

 

それではまた次回お会いしましょう!

*角建では*

すでに土地を持っているが建築をどこの工務店に任せようか迷っている・・・

家を建てたいが、希望に合った土地が見つからない、

家の建て替えを考えているが、どういう手順ですすめればいいかわからない

など、様々な建築の依頼を承っております。

ご相談・ご質問いつでもお問い合わせください。

弊社にお問い合わせのアドレス

↓↓↓↓↓

mailto:kodate@sumiken910.jp

ご連絡お待ちしております。