角建ブログ SKBlog

2020.03.13焼肉すみれ★Part2

皆さん、こんにちは(^_-)-☆

 

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

※今週の地域貢献活動の様子

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

 

さて、本日は先週のブログでご紹介させて頂きましたが・・。

横堤4丁目に施工中の物件、1階が店舗であります『焼肉すみれ』

現在の進捗状況をご紹介致します(^^♪

 

着々と店舗OPENに向けて工事が進んでおります!!

大工さんこだわりの職人技も前回お話をしました通り、とても見事な仕上がりです・・。

 

こちらは玄関入ってすぐの所。履物を脱いで下駄箱に収納後、座席へ・・という

流れをイメージしてみて下さい(*^^*)

ここからさらに仕上げていきます。

 

そして・・こちらはというと?

実は・・後に厨房となる所。この厨房からご来店頂きましたお客様へ

ご満足、贅沢なお食事を楽しんでいただけるよう、心を込めて振る舞います☆彡

 

こちらについては・・。

後に、ごゆっくりおくつろぎいただけるお座敷の掘りごたつです(笑)

なごやかに談笑しながらお食事をお楽しみください!(^^)!

 

そして、最後にこちら・・。

お腹いっぱい、お肉をご堪能いただき美味しかった~ッとお客様の笑顔が見れる

お会計の一角です。この状態からさらに仕上がっていきます。

 

いかがでしょうか? 『焼肉すみれ』の施工進捗状況です。

 

「一人焼肉」って今、世間で話題になっているようです(笑)

お一人様でもきっとご満足いただけるカウンター席もご用意しております(*^^*)

 

4月にOPENした際には、鶴見区横堤4丁目で行列が出来る焼肉のお店と

皆さんに拡散していただけるよう、真心込めてスタッフ一同、ご提供させていただきます。

 

前回、OPENは4月1日(水)とご紹介しましたが、大変申し訳ございません。

オープニングスタッフの教育などにより、日程が1週間程、延期しております。

ご理解の程、宜しくお願い致します。

 

OPENまで楽しみに、今しばらくお待ちくださいませ。。

 

 

 

※角建では※

すでに土地を持っているが建築をどこの工務店に任せようか迷っている・・・

家を建てたいが、希望に合った土地が見つからない、

家の建て替えを考えているが、どういう手順ですすめればいいかわからない

など、様々な建築の依頼を承っております。

ご相談・ご質問いつでもお問い合わせください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

お問い合わせ

ご連絡お待ちしております

 

 

 

2020.03.10ダイライト軒天45

みなさんこんにちは(*^^*)

本日はダイライト軒天をご紹介致します!

 

vis_nokiten_main

こちらは軽量で火に強く優れた耐久性が特徴の軒天井材で

そしてデザイン性にも優れた木目シート張りです♪

 

【ダイライト軒天45の特徴】

①施工しやすい

基材は『ダイライト』。

現場での切断がカンタンで、難しい加工もきれいに仕上がります。

また、従来のサイディング系無機製品に比べ、留め付け時の角飛びの心配も少なくなり、作業上の安全を確保します。

img_nokiten_feature_01

 

②軽量なので作業がラク

一般的な窯業系無機建材に比べ、大幅な軽量化を実現しました。

負担が大きかった上向きの施工作業もこの軽さで、改善されます。

img_nokiten_feature_02

 

③火に強い

火に強いダイライト軒天は、軒裏45分準耐火構造、軒裏30分準耐火構造、および、国土交通大臣認定防火材料で不燃認定を取得しています。

256_02

 

④デザイン性

現場塗装品だけでなく、ビスの目立ちにくい塗装品や上質な仕上がりの化粧シート品をご用意しました。

また、すっきりした外観のご要望にお応えして換気金物との組み合わせもラインアップしています。

170_01-05-300x180

 

⑤耐久性

ダイライト軒天はシロアリの食害、腐食など耐久性にすぐれています。

ダイライト軒天はダイライト(火山性ガラス質材料と鉱物質繊維)を基材にした軒天井ボードです。

img_nokiten_feature_05

 

デザインは下記の2種類からお選び頂けます(‘ω’)ノ

360beb09132add366a59598cc91f20ce-300x260

 

3a10feee1bb17d93d948c8eae3ac9bec-300x238

※使用箇所:ガレージ天井・バルコニー天井に使用致します。

 

以上ダイライト軒天45のご紹介でした!☆

 

 

※角建では※

すでに土地を持っているが建築をどこの工務店に任せようか迷っている・・・

家を建てたいが、希望に合った土地が見つからない、

家の建て替えを考えているが、どういう手順ですすめればいいかわからない

など、様々な建築の依頼を承っております。

ご相談・ご質問いつでもお問い合わせください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

お問い合わせ

ご連絡お待ちしております

 

 

2020.03.06すみれ

みなさんこんにちは😊

さてもう恒例となりました

金曜朝の風景です🌼

8649A652-D0E3-4F1B-9422-C204F6F055DB

☝本日登場の右の方

角建いちばんの長身、岡くんです

身長はなんと193㎝!!好きな食べ物はお肉!!!

まだまだ成長期です(笑)

さぞ軽トラが窮屈なんじゃないかなと思います

こんな感じで毎週金曜日はお掃除をさせて頂いております。

981D842E-FA18-44E2-831E-0CC00426EF6B09465FC3-70B9-4499-B568-6DF5B674F93C

 

*****************

 

ただいま横堤4丁目に施工中のこちらの物件

1階が飲食店になるのですが、なんだとおもいますか?

 

S__2777291

 

実は、、

岡くんも大好き焼肉屋さんです

 

突然ですが

大工さんのこだわりポイント✨

S__41443343

フローリングはヒノキの無垢材を使用しているのですが1本ずつ溝をほってフローリングとのつなぎ目部分がわからないようにしています。

S__41443346

S__41443347

 

現在の進捗状況はこんな感じ

20200306_200306_0009

掘りごたつの部分です(笑)

さてこれからどんな風になっていくのか・・

 

OPENは4月1日(水)

焼肉 すみれ です!

お楽しみに😊😊

 

 

 

2020.03.03テレワークについて

皆さんこんにちは。

毎日新型コロナウイルスに関連して色んなデマなどが多く飛び交っていますが

全てを鵜吞みにせず一人一人が正しい情報を見極めていかなければいけませんね。

このニュースと伴によく耳にするのが「テレワーク」という言葉をよく聞くようになりました。

電通で感染者が出た為、本社ビルの全5,000人がテレワークに切替える事態となりました。

今回は、テレワークとはどのような物なのか調べてみました。

テレワークとは、ICT(情報通信技術等)を活用して、時間や場所の制約を受けずに、柔軟に働くことができる形態のことを指すそうです。

2020.3.3

では、具体的にどのような働き方なのでしょうか?

インターネットなどのICTを利用することで、本来勤務する場所から離れた自宅などで仕事をすることができます。

さまざまな場所での柔軟な働き方は、女性にとって育児や介護による離職を防ぐことができますし遠隔地の優秀な人材を雇用することも可能です。

災害時に事業が継続できるなど、多くのメリットがあることが分かりました。

では、デメリットはあるのでしょうか?

情報漏洩の危険があるそうです。

自宅やカフェ、図書館などで仕事をするのでセキュリティの部分でも心配ですね。

次に、顔が見えない分コミュニケーションがとりにくいとのことなのでここは注意しなければいけませんね。

こうして調べてみると、まだまだ改善すべきことや今はまだ導入できない職種もあると思いますが、これからの近い未来はテレワークなど当たり前になっているのかも知れませんね。

2013.3

 

※角建では※

すでに土地を持っているが建築をどこの工務店に任せようか迷っている・・・

家を建てたいが、希望に合った土地が見つからない、

家の建て替えを考えているが、どういう手順ですすめればいいかわからない

など、様々な建築の依頼を承っております。

ご相談・ご質問いつでもお問い合わせください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

お問い合わせ

ご連絡お待ちしております

 

2020.02.28▽断熱材▽

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

IMG_7196  IMG_7199

 

※今週も地域社会貢献活動の一環として、社員で周辺の清掃をしています!

 

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

 

さて、本日は弊社の仕様で採用しております「断熱材」をご紹介(^O^)/

そもそも「断熱材」とは何なのか、みなさんご存じでしょうか?

家を建てる機会などがないとなかなかご存じの方がいらっしゃらないのではないでしょうか。

 

「断熱材」とは、熱の遮断や保温のために用いる材料で、熱絶縁材とも呼ばれます。

室内と室外の熱移動を少なくして、外気が室内に伝わらないようにするためのものです。

熱伝導率の低い素材を隙間なく埋めることで住宅の気密性を保つことができ、

室内外の温度差から生じる結露を防ぐ役割もあります。

 

また、断熱材の材質は主に「繊維系断熱材」「発泡系断熱材」という種類に分かれます。

繊維系は細かな繊維の隙間に空気を閉じ込めて断熱性を確保しており、

一方の発泡系は細かな気泡の中に空気を閉じ込めて断熱性を確保しています。

 

そもそも素材自体が違うのですが、それぞれの「熱伝導率」というものが違ってきます。

「熱伝導率」とは、熱の伝わりやすさを数値にしたもので、単位はw/m・Kで表示されます。

数値が小さい程、熱が伝わりにくい断熱性能の高い素材になり、

住宅に使われる断熱材は、熱伝導率が0.1 w/m・Kより小さいものを使用します。

この「熱伝導率」によって、断熱材の種類それぞれで必要な厚みが変わってくるのです。

 

角建の仕様では「発砲系断熱材」である、

「建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォームA種3 アクアフォーム」という断熱材を採用しております。

「アクアフォーム」は温室効果の大きいフロンガスを使わず、

水を使った化学反応で発生する炭酸ガスを発泡剤として使用した断熱材で、人と地球にやさしい素材でできています。

無数の超微細気泡の中に多量の空気を含んでいるため、他の断熱材に比べて優れた断熱性能を発揮します。

断熱2

 

また、柔軟性に富んだアクアフォームは連続気泡構造なので、

一般的な独立気泡構造と比較すると 吸音性に優れているという利点もあります。

 

断熱3

 

このように、一概に「断熱材」とは言っても素材や種類によってその性能は様々です。

この機会に「断熱材」の性能にも注目してみてはいかがでしょうか(^^)/

 

断熱5